専業主婦でも借りれる消費者金融

専業主婦でも借りれる消費者金融

「専業主婦でも借りられます!」という消費者金融があるかもしれませんが、

 

 ・安心して利用できるのか?(危険な業者ではないか?)
 ・返済が便利か?(コンビニATMを使えるか?)
 ・スピーディに審査が済むか?

 

などに気をつける必要があります。

 

ここでは、専業主婦でも借りられる消費者金融について、考えてみたいと思います。

 

 

■なぜ専業主婦がお金を借りるのが困難なのか?

 

まず、専業主婦だからといって、仕事をしていないわけでもないのに、「なんで、お金を貸してくれないんだろう?」と考える方もいるかもしれません。

 

専業主婦がお金を借りにくくなっている背景には、貸金業法という法律による、

 

 総量規制

 

というルールが影響しています。

 

総量規制は、消費者金融やクレジット会社、信販会社を対象に、「利用者の年収の3分の1を超える貸し付け」をしてはならない、というものです。

 

つまり、現金収入のない専業主婦に対しては、法律によって、貸し付けを禁止しているのが日本のルールとなっているのです。

 

 

■それでも貸してくれる、という消費者金融は・・・

 

この総量規制のルールがあるにもかかわらず、「専業主婦でも借りられます!」と宣伝しているのは、明らかにルール違反の業者です。

 

貸金業法は、とても厳しい法律で、違反したときの罰則も刑事罰を伴うことが多いものです。

 

それでもなお、専業主婦にお金を貸す、と言っている消費者金融は、実態の良く分からない、いわゆる、やみ金になることが分かります。

 

 

■専業主婦は、お金を借りられないのか?

 

この総量規制があることで、一見、専業主婦が融資を受けられないかの様に感じます。

 

しかし、貸金業法が規制しているのは、消費者金融や信販会社であって、銀行や信用金庫を規制するものではありません。

 

そのため、三菱東京UFJ銀行のバンクイックや新生銀行レイクなど、専業主婦の利用を認めているケースもあります。

 

とくにバンクイックは、審査時間も短く、即日融資もしやすいことから、専業主婦から、サラリーマンの方まで、非常に人気があります。

主婦の借入は可能なのか

現在、主婦でも借入が出来るキャッシング業者が多くありますが、主婦の中でも専業主婦は、旦那さんの同意書や収入証明といった書類が必要な場合が多くあり、総量規制によってより借入が難しくなりました。
総量規制でも、旦那さんの同意書と、夫婦関係を証明する書類を提出することで、旦那さんの年収の3分の1以下であれば、配偶貸付としてお金を借りることが可能です。
しかし、この総量規制は銀行によるキャッシングは対象になりません。
旦那さんの同意書がなくても、自分自身の身分証明のみで借入することができるので、旦那さんに内緒で借入をしたい場合などには都合が良いです。
また、アコム長所である大手の銀行のキャッシングで借りることもできるため、安心して利用することができますし、銀行によっては女性専用のコールサービスを設けているので利用しやすいです。
同じ主婦でもパートなどで一定の収入がある主婦は、選択肢が広がりほとんどの会社で借入が可能となります。
専業主婦でも借りれる消費者金融【レディースローンのすすめ】

お金借りるキャッシングとローン

お金借りる方法としてはローンとキャッシングがあります。

 

この二つは、もともとは異なるものだったのですが、現在ではその区別があいまいになってきています。

 

ローンとは、ある程度の大きな金額を借りて、それを月々返済していくという性質のものです。

 

代表例が住宅ローンです。

 

住宅ローンでは大きな資金を借りて、数十年にわたって返済をしていくことになります。

 

これに対してキャッシングというのは小額の資金を短期間だけ借りるというのがもともとの目的です。

 

ですから、金利は高めに設定されているのです。

 

このような違いがあるのですが、キャッシングにいろいろな金融機関が参入することによって、サービスが充実してきています。

 

特に金利が低くなってきたというのは最近の傾向だといえるでしょう。

 

キャッシングの金利は借りる人の信用力によって異なるのですが、低い人の場合には、ローンを利用するくらいの低金利で融資を受けることができるようになってきたのです。

総量規制って何ですか?今まで通りに借りられなくなるのでしょうか?

総量規制とは個人向け貸付における借入限度額を年収の1/3までとするというものです。今まではこの制限事項がなかったため、年収の半分でも借入することができました。
今までどおりというわけには行かないかもしれませんが、安定した収入があれば制限の範囲内で借入することは可能です。

 

この法律ができたことにより、個人向けの貸付に制限ができたのです。
しかし事業資金として借入する場合は、この制限の対象外となりますし貸付対象が法人の場合も対象外となります。

 

どうしてこのような規制をしたのかと言うと、際限なく借入することによって個人が債務超過に陥り自己破産する債務者が増加し社会問題化したためです。

 

しかし、この制限によって逆に問題となっている貸付対象が存在します。
それは専業主婦です、専業主婦は基本的に無職で収入がありません。

 

ですから、無収入とみなされ基本的には借入することができなくなったのです。それによって、今までは借入出来ていたことによる経済活動が逆に出来なくなってしまうという状況になってしまったのです。

 

では、全ての消費者金融がこの総量規制の対象となるのかというとそうではありません。
レイクやノーローンなどの銀行が運営するカードローンという扱いになり総量規制の対象外となっているのです。ですから、年収にこだわる必要がない貸付を行うことが出来るのです。

 

だからといって、無収入な人に対してレイクやノーローンが貸付をするかというとそう簡単に融資はしてくれません。
なぜならば、無収入ということは焦げ付いて不良債権化する可能性が高いからです。

 

また、収入があっても1/3以上を融資するかというと、それも疑問です。同じく回収できなくなる可能性が高いからです。

 

このように総量規制という基準が出来たことにより、業界全体で限度額に対して年収というものを大きく意識するようになりました。
そもそも年収の1/3以上を借り入れるということは、個人にとってはかなりの負担となることが分かっています。

 

金利は利息制限法の上限である20%に近い数字になっていますから、この総量規制によるボーダーラインは非常に重要になっているわけです。

 

この規制を素晴らしいとみるか、素晴らしくない邪魔だ!と見るかは個人によって様々ですが、基準としての線引きとしては妥当だと思われます。

 

返せない金額を借入しても、それは全く意味がないからです。
借りたお金は返さなければなりませんから、借りられるだけ借りるというのはやはり間違っているといってもいいでしょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る